ワールドフリッパー攻略検証ブログ

ワールドフリッパー(World Flipper)の攻略情報と検証結果を届けるよ

バフ(強化効果)の仕様

同一の強化スキルは連続で使用しても効果は重複せず、持続時間が最新のものに更新されます。アビリティで付くバフや、武器などでも同じです。

例えば新風武器であるヴァレント伯の手記は30コンボで発動してスキルアップバフがつき、そのまま60コンボになるか、更にもう1回30コンボを達成した場合、デバフと違って時間は伸びるではなく、更新されます。効果はやっぱり重複しません。

つまり一瞬で60コンボなら10秒のまま、30コンボ達成→5秒経過→もう一回30コンボ達成の場合、二回目のコンボ達成から数えて10秒持続する、ということですね。

ちなみにここでの「同一」はデバフと同じで、同じプレイヤーの同じキャラが使う同じスキルが条件です。他の参戦者の同じキャラが使うスキルは別扱いで重複しますし、同じプレイヤーの違うキャラが使う同じ効果も別扱いです。例えば同じパーティでヴェロンとロルフを同時にスキルを撃つと、そのまま意味のない貫通アイコンが2つ付いて、時間の短い方は完全に無駄になります。

また、「強化効果の効果時間+~%」や「浮遊効果の効果時間+~%」と言った効果はそのまま合算されて、元の効果時間に掛けられます。

ただし、浮遊・貫通・パワフリダメアップと言ったパーティ単位の強化は一つ注意事項があります。それは、「自身の強化効果の効果時間+%」と書かれているものは、パーティバフに対しては誰が持っても全て合算されることです。

わかりにくいので例をあげます。闇キャラが3人いて、すべてオルクスの拳のソウル(自身の強化効果の効果時間+15%)がついてるとします。

この時、20秒持続の攻撃力アップバフを掛けた場合、三人共バフが20*1.15=23秒持続します。しかし、20秒持続の貫通バフを掛けた場合、20*(1+0.15*3)=29秒持続することになります。

貫通や浮遊がパーティ単位じゃないと、一人だけ貫通していない時はどうするのって話になるのでわかりやすいですが、そう言ったバフに「自身」が全て同じ対象になって合算されるのはびっくりしましたね。